ランキング参加中、クリックお願いします → にほんブログ村 動画紹介ブログ 気になる動画へ にほんブログ村 テレビブログ テレビ・ラジオ情報へ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ ブログランキング・にほんブログ村へ

※2015年に書いた記事でしたが、状況がかなり変わってしまったので、2016年3月にこの記事の修正を行いました。

■関連サイトへのリンク集

東京JPY発行所(ゲートウェイ)    Ripple Chart(XRPチャート)

Gate Hub (Wallet : 2015年スタートの英国の新会社です。)
Wiki: Ripple(支払いシステム)   ripple入門(買い方・売り方)

Ripple Trade ※リンクは残しておきますが、2016年3月末以降は取引は出来なくなり閉鎖されます。
—————————————————————————————————–

PR : 無料でBitcoin をゲットして、XRP(Ripple)に変換して貯めていく方法。
—————————————————————————————————–

下のバナーが 「東京JPY発行所」 への申し込みバナーになります。 口座作成時の面倒な口座有効化(アクティベーション)のための初期XRP(リップル)がもらえますのでスムーズに口座開設を行えます。馴染みのあまり無い英単語がいくつか出てきますが、最初はあまり気にせずにどうぞ。

type2-1-100xrp_300x250

—————————————————————————————————–

現在のXRP(Ripple)の相場です。

XRP/JPY 取引を開始してみませんか? 株のように売買益を上げるもよし、値上がりをじっと待つのもよし。 とりあえず無料なので取引口座を作っておき、お金のあるときにスタートすればOKです!!

  • リップル口座作成
  • 取引所に登録
  • 口座の有効化
  • JPYの購入

このような流れになります。 お申し込みになった口座へJPYは反映されたらRipple(リップル/XRP)の取引開始です!

■まずは登録 頑張るぞ~!

相変わらずその方面の専門用語みたいな「横文字」単語が頻繁に出てきてどこの説明もわかりずらい・・・私のような年寄りには Orz
メモ代わりに簡単に説明を残しておきたいと思います。

取引所(ゲートウェイ)は 「東京JPY発行所」 へ登録しましたのでその場合が例となっております。

Ripple口座(ウォレット)の作成

まずは 仮想通貨XRPを取引するための口座(ウォレット)を作らなければなりません。
まずはここで取得した口座番号(Rippleアドレス)が次に必要になります。
東京JPY発行所」 で登録した場合は口座(ウォレット:お財布)の作り方の説明が詳しくされておりますので、そちらを参考にして下さい。

取引所へ登録

上記で作った口座を有効化(アクティベーション)するために以下のサイト(私の場合は「東京JPY発行所」)にも登録します。 ここは送金した「」を取引通貨「JPY」に変換してくれるところです。 本登録へのサービスで現在のイベントでは40XRP(額は変わりますので注意)を送金してくれますのでこれで口座が有効化されます。
※ブラウザが Google Chrome と Safali しかアクセス出来ませんので注意。
JPY Tokyo

東京JPY発行所へ登録するためには上記で作ったRippleアドレスと自分の身分証明が出来るもの(免許証など)の写真が必要となります。 私は携帯電話で撮った写真を画像編集ソフトで軽量化して送りました。

数時間で本登録完了となりました。

例)私のですが・・・
・Ripple アドレス:    rBD49FRHfky8jDgwa1izkJ7cQMjZNHNftn

※シークレットキーやパスワードは絶対に公開してはいけません。

Ripple口座(ウォレット)の有効化(アクティベーション)

「東京JPY発行所」の本登録が完了すると、 登録した口座を有効化(アクティベーション)するためのXRP通貨が送金されます(イベント内容によって額が違うようです)ので、受け取りの手続きを完了して送金されたXRP通貨を反映させることでこの口座(ウォレット)が有効になります。

  • 「アカウント情報」 → 「相手先」 → 「相手先を追加」

で、私の場合は「東京JPY発行所」のRippleアドレスを登録すると取引が出来るようになります。 口座の有効化(アクティビティ)用に送られてきたXRP通貨もこれで反映されます。
東京JPYのウェブサイトに詳しく説明されていますのでそちらを参考にした方がわかりやすいと思います。

JPYの購入 および XRPの購入

あとは「東京JPY発行所」へ入金して「JPY」通貨を手に入れます。(1円=1JPY)

送金額(1万円以上)を事前報告後に送金し、 申し込んだ口座へJPYとして反映させた後にXRP通貨の購入となります。

 

ripple chart
ripple chart 02
※現在の相場を表示してくれるティッカー(二つ上)やチャートサイト(上)もあります。 チャートでは「XRP/JPY」をクリックすると更に詳しい情報が表示され、取引所ごとのチャートも選んでみることが出来ます。(下)
ripple chart 03
※黒いバックだと見づらかったので白バックへ変更してあります。
ripple chart 04

—————————————————————————————-

type2-1-100xrp_300x250
 Rippleの申し込みはこちら

https://i0.wp.com/radio.chobi.net/blog/wp-content/uploads/2016/11/e2990817-s.gif?fit=480%2C292https://i0.wp.com/radio.chobi.net/blog/wp-content/uploads/2016/11/e2990817-s.gif?resize=150%2C150NET WALKER仮想通貨仮想通貨,Ripple,XRP/JPY※2015年に書いた記事でしたが、状況がかなり変わってしまったので、2016年3月にこの記事の修正を行いました。 ■関連サイトへのリンク集 ●東京JPY発行所(ゲートウェイ)    ●Ripple Chart(XRPチャート) ●Gate Hub (Wallet : 2015年スタートの英国の新会社です。) ●Wiki: Ripple(支払いシステム)   ●ripple入門(買い方・売り方) ●Ripple Trade ※リンクは残しておきますが、2016年3月末以降は取引は出来なくなり閉鎖されます。 ----------------------------------------------------------------------------------------------------- PR : 無料でBitcoin をゲットして、XRP(Ripple)に変換して貯めていく方法。 ----------------------------------------------------------------------------------------------------- 下のバナーが 「東京JPY発行所」 への申し込みバナーになります。 口座作成時の面倒な口座有効化(アクティベーション)のための初期XRP(リップル)がもらえますのでスムーズに口座開設を行えます。馴染みのあまり無い英単語がいくつか出てきますが、最初はあまり気にせずにどうぞ。 ----------------------------------------------------------------------------------------------------- 現在のXRP(Ripple)の相場です。 XRP/JPY 取引を開始してみませんか? 株のように売買益を上げるもよし、値上がりをじっと待つのもよし。 とりあえず無料なので取引口座を作っておき、お金のあるときにスタートすればOKです!! リップル口座作成 取引所に登録 口座の有効化 JPYの購入 このような流れになります。 お申し込みになった口座へJPYは反映されたらRipple(リップル/XRP)の取引開始です! ■まずは登録 頑張るぞ~! 相変わらずその方面の専門用語みたいな「横文字」単語が頻繁に出てきてどこの説明もわかりずらい・・・私のような年寄りには Orz メモ代わりに簡単に説明を残しておきたいと思います。 取引所(ゲートウェイ)は 「東京JPY発行所」 へ登録しましたのでその場合が例となっております。 Ripple口座(ウォレット)の作成 ●まずは 仮想通貨XRPを取引するための口座(ウォレット)を作らなければなりません。 まずはここで取得した口座番号(Rippleアドレス)が次に必要になります。 「東京JPY発行所」 で登録した場合は口座(ウォレット:お財布)の作り方の説明が詳しくされておりますので、そちらを参考にして下さい。 取引所へ登録 ●上記で作った口座を有効化(アクティベーション)するために以下のサイト(私の場合は「東京JPY発行所」)にも登録します。 ここは送金した「円」を取引通貨「JPY」に変換してくれるところです。 本登録へのサービスで現在のイベントでは40XRP(額は変わりますので注意)を送金してくれますのでこれで口座が有効化されます。 ※ブラウザが Google Chrome と Safali しかアクセス出来ませんので注意。 東京JPY発行所へ登録するためには上記で作ったRippleアドレスと自分の身分証明が出来るもの(免許証など)の写真が必要となります。 私は携帯電話で撮った写真を画像編集ソフトで軽量化して送りました。 数時間で本登録完了となりました。 例)私のですが・・・ ・Ripple アドレス:    rBD49FRHfky8jDgwa1izkJ7cQMjZNHNftn ※シークレットキーやパスワードは絶対に公開してはいけません。 Ripple口座(ウォレット)の有効化(アクティベーション) ●「東京JPY発行所」の本登録が完了すると、 登録した口座を有効化(アクティベーション)するためのXRP通貨が送金されます(イベント内容によって額が違うようです)ので、受け取りの手続きを完了して送金されたXRP通貨を反映させることでこの口座(ウォレット)が有効になります。 「アカウント情報」 → 「相手先」 → 「相手先を追加」 で、私の場合は「東京JPY発行所」のRippleアドレスを登録すると取引が出来るようになります。 口座の有効化(アクティビティ)用に送られてきたXRP通貨もこれで反映されます。 東京JPYのウェブサイトに詳しく説明されていますのでそちらを参考にした方がわかりやすいと思います。 JPYの購入 および XRPの購入 ●あとは「東京JPY発行所」へ入金して「JPY」通貨を手に入れます。(1円=1JPY) 送金額(1万円以上)を事前報告後に送金し、 申し込んだ口座へJPYとして反映させた後にXRP通貨の購入となります。   ※現在の相場を表示してくれるティッカー(二つ上)やチャートサイト(上)もあります。 チャートでは「XRP/JPY」をクリックすると更に詳しい情報が表示され、取引所ごとのチャートも選んでみることが出来ます。(下) ※黒いバックだと見づらかったので白バックへ変更してあります。 ----------------------------------------------------------------------------------------  Rippleの申し込みはこちらインターネットの世界をトボトボと・・・

ランキングに参加中! クリックお願いします。 →  にほんブログ村 動画紹介ブログ 気になる動画へ にほんブログ村 テレビブログ テレビ・ラジオ情報へ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ ブログランキング・にほんブログ村へ